スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FenderJapanミディアムスケールのテレキャスター

人気の無いギターネタですが・・・
懲りずに..くじけずに..書いちゃいます。
3人ぐらいは見てくれているお客様もいるようなので、
よりマニアな感じでいきます
フェンダー・ジャパンTLM-55
フェンダー・ジャパンのミディアムスケールのテレキャスターモデルです
通常テレキャスターはロングスケールになりますが、
これは手の小さい人や女性でも引きやすくなるように
フレットの間隔が狭いミディアムスケールで
さらにネックも薄くなっています。

残念ながら、現在は製造されていなく、
これは、20年前に製造されたギターで、
ラッキーにもオークションで落札できました。

そんな珍しいギターですが、、
使ってなんぼ!
自分が弾きやすいように早速改造しちゃいます
テレキャスターのスイッチ
ヘタクソな私・・・・・
テレキャスを弾くと
ストローク時にどうしてもスイッチに手が当たってしまいます。
スイッチを逆に
そこでレイアウトを逆にすることに!

しかし、ただ付替えだけでは
ボリュームポットがキャビティー内で当たってしまい、
ボディーを削るか、
ネジ穴位置を変更するかしないと納まらないことが発覚!
配線変更前
断念しそうになりながらネットで調べていくと、
ボリュームポットの裏側部分が小さい物を発見。
これならネジ変更やボディー加工せずに納まります

せっかく交換するならと思い
通常の250KΩから
試してみたかった500KΩに変更

ついでに
キャパシタをセラミックからオイル系のオレンジドロップに変更

さらにシールドを
スイッチ→ボリュームをウエスタンエレトロニックに
ボリューム→ジャックをウエスタンエレトロニックのタンデムに
アースを銀メッキ線に変更しました。
オレンジドロップ

すべてのハンダ付けが終わって音のチェックをすると!
・・・・・・・ギ・・・ジ・・・ブツブツ・・・・
フロントピックアップの音が出ない・・・
どうやら作業中に
壊れかけてた切替スイッチに
とどめをさしてしまったようで・・

慌てて部品を発注!!
3日ほどで入手し交換。
ついに完成しました

アンプにて音だしチェックしてみると
すごくいい!
かなり自分が好きな音に近づいた気がします。

現状
他に気になるのが
ノイズとペグのガタつき
次回、変更したら報告します
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

veloce hair

Author:veloce hair
神奈川県小田原市にある美容室Veloce(ヴェローチェ)です!
スタッフは4人と小さな美容院ですが、皆様に知って頂きたいと思いこちらでブログを始めました。

お店の出来事や、スタッフのつぶやき・・・などなど
日々のアレコレをのんびりと更新してまいります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。